与信管理におすすめの取引信用保険(倒産保険)とは

取引信用保険とは取引信用保険(倒産保険)とは 、
取引先に債務不履行や倒産などが生じて、
売掛金が回収できなくなった場合に、保険契約にそって保険金が支払われる保険のことです。

いま、中小企業の総務・経理担当者や与信管理者の間で、取引信用保険がにわかに注目を集めています。

取引信用保険は、本場・ヨーロッパでは100年以上の伝統を持つメジャーな保険プログラムであるものの、国内の保険会社で取引信用保険を取り扱っているところはそう多くありません。そのため日本では、その存在があまり知られていないのが実情です。取引信用保険をやさしく解説

このサイトでは、「取引信用保険という言葉を初めて聞く」という入門者の方にもわかりやすいように、やさしく解説しています。

その他の与信管理方法との違いも踏まえながら、取引信用保険の内容についてまとめています。また、取引信用保険を取り扱っている保険会社を紹介するページも設けていますので、加入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

取引信用保険に加入するいちばんのメリットとは

倒産した会社困っている会社の社長

取引先に対する売掛金や受取手形が回収できなくなってしまうことを「貸倒(かしだおれ)」というわけですが、そうした貸倒のリスクを未然に防ぐために、企業は「与信管理」を行います。

与信管理の方法としては、取引先に対する信用調査に始まり、ファクタリングの利用や中小企業倒産防止共済への加入、また広い意味では貸倒引当金の設定も、そのひとつと言えます。

それらの方法と、取引信用保険が大きく異なるのは、取引信用保険が「保険」である点です。つまり、取引先の倒産等に伴い売掛金や受取手形が回収できない事態に陥った際は、保険金といった形で損失の一部をカバーすることができます。もちろん、保険金ですから返済の義務は一切ありません。中小企業の経理担当

ただし、ファクタリングや中小企業倒産防止共済が基本的には誰でも利用することができるのに対して、取引信用保険には加入するための条件(業種、事業内容、年商など)が設定されていることが珍しくありません。しかも、以前の加入対象は、数十億以上の資産を持つ大企業向けの取引信用保険しかありませんでした。

また、元々がヨーロッパ発祥の保険プログラムであるだけに、取り扱っている保険会社も外資系が中心です。

国内の保険会社で、なおかつ個人事業主や中小企業でも加入できる取引信用保険を扱っているところはかなり限られています

そんな中で、私が見つけたのが、三井住友海上の取引信用保険です。

おすすめは三井住友海上の取引信用保険三井住友海上の取引信用保険は、個人事業主から大企業まで、どんな企業でも利用できます。国内の保険会社という安心感と、「三井住友海上」というネームバリューによる信頼感は、他社ではちょっと得難いものだと思います。

自分の会社を守りたい中小企業の総務・経理担当の方、個人事業主の方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

与信管理にうってつけ!三井住友海上の取引信用保険を詳しく調べる

このサイトは、個人が独自に調べた内容をもとに構成しています。
保険内容の詳細や最新情報は、必ず各保険会社のサイトでご確認ください。