取引信用保険ガイドHOME » 取引信用保険(倒産保険)とその他の与信管理の違い

取引信用保険(倒産保険)とその他の与信管理の違い

ここでは、倒産など取引信用保険とその他の違いとして、メリット・デメリットをまとめました。

貸倒リスクヘッジするための手立てとして、取引信用保険のほかにもいくつかの方法があります。そこで、ファクタリング、中小企業倒産防止共済、貸倒引当金を取り上げました。

それぞれのメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、自社の実態に即した方法を選択・採用することが肝要です。

取引信用保険のメリット・デメリット

取引信用保険のメリットとは取引信用保険の最大のメリットは、取引先の倒産などに伴い売上債権の回収ができなくなった際に、損失の一部を返済不要の保険金によってまかなうことができる点にあります。貸倒発生時の影響を軽減するための手段としては、かなり有効なものと言えるでしょう。

下記の取引信用保険の加入するメリットとデメリットをそれぞれ挙げます。

【メリット】

  • 不測の貸倒損失を、一定額の保険料として予算化することができる。
  • 保険会社による信用調査が加わることで、自社の与信管理が充実・向上する。
  • 売上債権の保全につながるため、仕入れ先や金融機関に対する信用度が高まる。

【デメリット】

  • 保険料がかかる
  • 加入には審査が必要になる

保険料の額は一律ではなく、経済情勢、取引先の業界動向や信用状況、保険金の支払限度額の設定などを踏まえ、保険会社が算出し決定します。

取引先の信用調査保険料の前提となる取引先の信用状況は、一社一社異なりますので、取引信用保険に加入には「見積もり」が必要になってきます。見積もりは、取引先の信用調査も兼ねているので相応の時間を要し、そのため即時に加入するのが難しいといったことも、取引信用保険のデメリットと言えるかもしれません。

取引信用保険以外のメリット・デメリットとは

最後に、取引信用保険以外の方法とそのメリット・デメリットについても簡単にご紹介しておきたいと思います。

ファクタリング取引信用保険について教えます

【メリット】対象企業を指定することができる。

【デメリット】保険料が高い。

中小企業倒産防止共済

【メリット】無担保・無保証人・少額から加入できる。

【デメリット】貸付金なので返済の義務がある。

貸倒引当金

【メリット】出費を伴わない。

【デメリット】全額を、税務上の損金にできるわけではない。